Skip to content

肌のバリア機能が弱ってる

Posted in 未分類

普段肌トラブルがない人でも引っ掻いたり強くこするなど、刺激の与えすぎには注意しましょう。刺激が多いと表皮が薄くなってピカピカに突っ張っているのがわかるはずです。表皮の下には真皮があり、皮脂腺や汗腺は真皮に存在していますが、刺激の回数や量が多くなると肌の再生サイクルが弱まり、いずれは真皮のタンパク質の構造に深刻なトラブルとなって現れてくるでしょう。

真皮にまで影響が及ぶとリフト機能が弱まってしまい、たるみ、よれ、しわ、と着実に進むので、みるみる素肌年齢が進んでしまい、回復にも時間がかかるようになります。お肌にダメージがあると、そこがシミになる時があるんです。例えば、日光による炎症があるんです。熱をもつときや、何も感じなくても実は、軽度の炎症がお肌に起きているでしょう。

スキンケアの基礎とは、日々の外出時の紫外線対策を指すのかも知れません。出産後と、それにつづくしばらくの期間の女性の身体は妊娠中の状態とまったく異なり、ホルモンバランスも大聞く変化するため、身体にイロイロなトラブルが起こりやすいです。

肌荒れ、シワの増加といったこともよく見られ、かゆみも出て気にしている女性も多くいるようです。女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンが出産後、急激に減少し、これに加えてストレスの影響もあり、肌のバリア機能が弱って簡単に乾燥します。

乾燥肌は大抵の場合、敏感肌でもありますので、肌をむやみに刺激しない、無添加の基礎化粧品などを使用して他はともかく、保湿だけは忘れないようにしましょう。お肌と肝臓は、とても密接な関係にあります。

肝臓の役割として、食事や呼吸によって体内に取り込まれたイロイロな物質を代謝・分解し、人体にとって無害な物質に変えていくのです。有害な物質を解毒しきれないと、有害物質が血液中に増えていき、お肌を流れる血液も汚れて、お肌の調子も悪くなります。肝臓のデトックス力を保つことが、お肌の健康美を高めるキーポイントなのです。いつしか顔にこんなに増えてしまったシワ、できれば消してしまいたいものです。ところでシワができる原因は、主に肌の老化であったり、紫外線の影響によります。

出来てしまったシワをどうこうするのはむつかしいですが、防ぐために紫外線をカットできる日焼け止めを利用したり、帽子や日傘などの紫外線カットアイテムで、夏だけでなく一年をとおして対策を施し、対策を怠り、日焼けしてしまったら、必ずその日のうちに焼けた肌を冷やして、熱がこもらないようにします。

さらに、化粧水や美容(何かに夢中になっていると、自然と保てたりすることも少なくないみたいですね)液でしっかり保湿、シミ、シワ、乾燥を防ぐようにします。こういった日々の積み重ねが、アンチエイジングにつながるりゆうです。日焼けした肌って、明るくて活動的な印象を相手に与えられるものですが、褐色の肌になりたくても、シミが多くなるのは避けたくて、どうしようという女性ならではの悩ましい一面があるんです。

シミができるのが嫌なら、極力日焼けをしないようにするしかありません。顔にシミが出来ないようにするコツは、こまめな日焼け止めの塗布です。あとは、帰宅してからのケア。速やかにローションなどでお肌が炎症を起こすのを軽減させましょう。紫外線あるいは肌のターンオーバーに支障がある場合、肌のくすみとなって現れるとも言われます。

肌本来の調子を取り戻すためのものとしてはアロマオイルが例として挙げられます。特に、新陳代謝を上げて肌を生まれ変わらせてくれるネロリや、血液循環の促進に効果のあるゼラニウムは、お肌のくすみを解消してくれます。マッサージに利用するのはもちろん、スチームを利用する際に、何滴かをたらして使用してみるのも手です。

ヨーグルトを食べることで、乳酸菌、ビタミンB、フルーツ酸などを摂ることが出来ます。乳酸菌は免疫力を向上させ、お肌のバリア機能を高めます。ビタミンBはお肌のターンオーバーを活発にする重要な栄養素です。そして、フルーツ酸には皮膚の一番外側にある角質層をゆるめ、角質層がはがれるのを助ける作用があることで知られています。このような栄養素を摂ることはシミやくすみのない健康なお肌にする効果を持っています。シミを薄くするためにも、摂りたい食べ物です。生まれたと聞からお肌にシミや紫斑などがあって、お悩みの方は身近にいると思います。

先天性なので薄くなることや消えることはないと思われていますが、最新の医療を受ければ、完全には消えないものもありますが、明らかな色素沈着や盛り上がりはなくすことが出来ます。シミやアザなどがあることでコンプレックスを感じる方は、専門の医療機関でカウンセリングを受けてみましょう。治療を受けてシミなどを消した方のお話をできるだけ集めると、参考になるかも知れません。ここ2、3年前から母親は顔に出来てしまったシミに悩んでおりました。

その大きさはどれくらいかは十円玉くらいのものが一つ、少しだけ小さめのものがいくつか両頬に散乱していました。

1年ほど前、お母さんの美肌友達より「シミには発芽玄米が効果的」ときき、さっそく毎回の食事にできるだけとりいれてきました。シミは薄くなっているという結果があらわれています。